スーパースター列伝 Vol.2

 b0064918_3202283.jpgアンファニー”ペニー”・ハーダウェイ
b0064918_3192257.jpg 33歳 G/F 201cm
 NBA選手 ニューヨーク・ニックス
 メンフィス大→マジック→サンズ→ニックス

 この人は、前回の盛田とは違い、ホントにスーパースターでした。
(盛田には失礼ですが...)
 現役選手なのに、過去系なのは、膝の怪我以来その輝きを失ってしまったからです。

 1993年、オーランド・マジックは、ドラフト1位のクリス・ウェバーとトレードで、3位のペニーを獲得します。2mを越える大型PGで、マジック・ジョンソンの再来とも、マイケル・ジョーダンの後継者とも言われた逸材です。「Mr. Everything」と言われるオールラウンドなプレーが魅力です。

 マジックは、前年ドラフト1位で新人王のシャキール・オニールを獲得しており、ここに、「シャック&ペニー」コンビが誕生します。
 当時のNBAは、マイケル・ジョーダン率いるブルズが、一度目の三連覇を果たしたところでした。しかし、ジョーダンが野球(MLB)に転向し、スター不在となっていたところです。
 ペニーは新人王こそウェバーにとられたものの、オールスタールーキーゲームのMVPになるなど、1年目からスーパースターへの道のりを順調に歩き始めます。
 そして2年目、NBAに復帰したジョーダン率いるブルズを破り、マジックはファイナルに進出します。
 しかし、ファイナルで若きマジックの前に立ちはだかったのは、前年の覇者、アキーム・オラジュワン率いるヒューストン・ロケッツでした。
 ちなみに、オラジュワンとジョーダンは同期で、ドラフトはオラジュワンが1位、ジョーダンは3位です。オラジュワンは90年代最高のセンターといわれる逸材なので、ジョーダンより順位が上でもよいですが、2位のサム・ブーイという人はその後じぇんじぇん活躍してないそうです。

 ロケッツに4連敗、ストレート負けしたマジックは、歯車が狂い始めます。ペニーとシャックはおたがいに嫉妬からつまらない争いを繰り返し、やがてシャックはレイカーズに移籍します。そしてシャックは、マジックで果たせなかったファイナル制覇を、レイカーズで3回果たします。

 一方、マジックに残ったペニーはまさにオールラウンドなプレーでマジックを引っ張りますが、やがて膝が悲鳴をあげ、欠場がちとなります。首脳陣批判を繰り返し、ついにサンズにトレードされます。
 サンズでは、ジェイソン・キッド、ついでステフォン・マーブリーというリーグを代表するPGがおり、ペニーはSGで脇役としてプレーしとます。そして昨年マーブリーとともにニックスにトレードされます。
 エースのSG、アラン・ヒューストンの控えとして、またヒューストンが怪我した後は先発のSGとしてプレーしました。
 しかし、オールNBAファーストチーム2度選出、オールスターに4度出場、ドリームチーム3の一員としてアトランタオリンピック代表にも選ばれたかつての輝きはもうなく、年に数度それを感じさせる鋭いプレーを見ることができるのみです。

 今期は、ヒューストンが怪我から回復しなくとも、ジャマール・クロフォードを獲得したため、ペニーは控えに回ることが予想されます。またトレード要因とも言われています。しかし故障前の契約が残っているため、リーグの最高限度額いっぱいの高い年棒のペニーは、受け入れ先もなかなか見つからないでしょう。

 ペニーのつけたマジックの1番は、その後マジックのエースとして2度の得点王に輝いた、トレイシー・マグレイディーがつけました。そしてサンズの1番は、日本人初のNBAプレーヤー田臥勇太がつけることになります。

 ひろしは、ペニーのプレーを見なければ、NBAを見ることはなかったかもしれません。
 ガードの薄いチームにトレードされて、スターターでかつての輝きをもう一度見せてほしいと思っていますが、それも難しいでしょうか。寂しい限りです。

~ スーパースター列伝 Vol.2 アンファニー”ペニー”・ハーダウェイ 完 ~
[PR]
by is-hiro | 2004-11-25 03:21 | スーパースター列伝


<< スーパースター列伝 Vol.3 つくってみたけど >>