勝てなかったが

浦和 3-3 京都


前半、エジミウソンのハットトリックで、攻撃の形は見えてきました。

FWがエジミウソンが高原に代わっても機能するでしょう。


ただ、後半、京都のシステム変更に対応できず、厳しかったですね。


それぞれの失点を分析。

失点1点目
ロングスローのクリアミス。DFラインが崩されたわけではない。

失点2点目
これもロングスローからのクリアが、きれいにダイレクトにつながれた。
ヘッドにせらなかったと(誰?)もいえるし、坪井が柳沢に裏を取られたとも言えるけど、クリア(細貝?)が相手の正面に行ってしまったこともある。
この3つがきれいにそろってしまった。

失点3点目
坪井のクリアミス、といえばその通りだが、3トップになってからマークがうまくあってなかったような気がするので、そこの問題。


坪井が調子悪いのは明らか。一回スタメンから外してはどうか。
もともと足技がうまくはないが、最近は特におかしい。
ただ、坪井のせいだけで負けたわけではない。
たとえば3点目は坪井が足を出さなければ、裏に通されてきれいに決まっていた。
これは、3バックの後ろを突かれていることへの対応ができていなかったことの一環。

これは今までもそうで、そこを阿部、闘莉王、坪井、堀之内といったDFの個人の力で対処していたように思うので、個人のコンディションが悪ければ無理。

そういう意味では、4バックにする交代は坪井に代えて内舘でもよかったかも。
ただ、まあ、この時点で3-3だったので、より点がとれる交代のほうがよかったかも。

たとえば平川に代えて高崎。エジミウソンを下げないで。
前線は3トップにして、高崎に放り込むか、裏に出して達也+エジミウソンが走ると。
京都も3バックにしたわけなので、こっちも3トップでやり返すとか。

DFはもう一度組織を作ることが必要。
けが人が多く、横綱相撲をとれるチームではないことを前提に。

ただ、点が取れることがわかったので、そういう意味では収穫。

次は勝ってほしい。
[PR]
by is-hiro | 2008-03-24 02:28 | 今日のレッズ


<< 勝った 点がとれない >>