<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

波乱の幕開け

さて、WJBLセミファイナルです。

2005年2月26日(土)

● 日本航空 58-68 トヨタ ○     ボックススコア レポート
 さいたま市記念総合体育館 Vアリーナ

● シャンソン 75-85 JOMO ○    ボックススコア レポート
 高知県民体育館

あれ、いきなりシャンソンも日本航空も負けてますね?大丈夫かな?

そういえば、記念総合体育館のサブアリーナでバスケしたことありますねえ。
日本航空vsトヨタ見に行きたかった。仕事でむりだったけど。
でも、ひろしお気に入りの堀部は、3Pシュートが1/6で不調だったようです。

今日の2戦目はどうなるのでしょうか。テレビ中継してほしいなあ。

藍ちゃんは急遽生中継なのに。
[PR]
by is-hiro | 2005-02-27 11:14 | 今日のスポーツ

えっちなメール

さて、hassy_kさんに「More」の使い方を教えてもらったので、早速使ってみました。
(夜分遅くありがとうございます。)
ついでに、HTMLタグもつかってみました。
(タグ事典みてやってたら、「ヘルプ」にちゃんと書いてあるじゃないですか。)

ある日歌舞伎町で、

「課長!課長!」

という微妙な呼び込みに思わず振り向いてしまったひろしです。

そんなわけで(どんなわけだ?)、今回のネタは、「エロメール」です。

最近、たくさんのエロメールがやってきます。すばらしいですね。
誓って言いますが、ひろしは会員制のエロサイトに登録したことはありません。
ましてや、有料サイトなどもってのほかです。
(いやね、無料で登録いらないサイトはそりゃみたことあるよ。一応男の子だから。)

ですが、そんなひろしにもエロメールはやってきます。
ひろしは、フリーメールも含め、メールアカウントを6つもっていますが、そのうち3つにはエロメールがきます。残る3つはほとんど(というか全然)使っていないので、使えば使うほどエロメールがくるということです。

パターンはいくつかありますが、こんなかんじでしょうか。
 1 タイトルがこてこてなもの
 2 送信者名がこてこてなもの
 3 タイトルが、「おっ?」というもの
 4 本文もこっているもの

1 タイトルがこてこてなもの
 「WEB初公開!素人女子校生限定デジタル写真集!」 (1/8)
  こういうやつですね。こういうのはだめです。

2 送信者名がこてこてなもの
 「ペ・チンチン」 (多数)
  エロメールでは、「チン様」が大ブームです。たくさんきます。
  あと、「○○(普通の苗字)オブジョイトイ」とかいうのがきました。
 「日本IMB総合研究所」 (エロメールじゃないけど)
  最初パクりだともなんとも気づかなかった。
  これなら「HAL」のほうが、センスを感じさせますな。当然だけど。
  対抗して「JCN」でもいいけど。

3 タイトルが、「おっ?」というもの
 「祇園精舎の鐘の声」 (結構昔)
  これはとりあえず見ました。これが、エロメールに興味を持つきっかけになったかも。
 「せかいの中心de会うと叫ぶ!」 (12/25)
  まあ、これは、こてこてに含まれなくも無いですが。

4 本文もこっているもの
 タイトルか送信者名がおもしろくないと、本文は読まないのですが、面白いものもあります。

 ひろしが最も優れていると思ったのはこれ。 

 新サイトのご報告 CBE村田 
[PR]
by is-hiro | 2005-02-22 01:07 | 今日のダメだし

日本航空は本物だ!

さて、女子バスケです。

 日本航空 83 - 63 シャンソン      ボックススコア  ゲームレポート

幾度と泣く録画失敗と見落としを繰り返して、今期初テレビ観戦です。
(生で見に行ったことない。バスケじゃなくてバレーですが、ちゃんと見に行っているKIM氏はえらい!)

で、日本航空です。
代表の薮内夏美と矢代しか知りませんでしたが、すごくいいチームです。b0064918_154635.jpg
ディフェンスいいです。ゾーンです。シャンソン攻め手がなかった。
そして、攻撃もいいです。

薮内夏美と堀部(右写真)の3P成功率リーグ1位,3位コンビのアウトサイドシュートは強力。ちなみに2位も日本航空の岩村。
この試合3P成功率はチームで50%!薮内は2/3、堀部は3/6、シャンソンの14.3%は低すぎとしても、凄過ぎです。
ちょっと堀部のファンになったかも。口元のホクロがポイント。

これも、矢代、薮内敏美、畑岸のインサイドが強いから、アウトサイドがフリーにもなるし、リバウンドとってもらえるから思い切って打てるのでしょう。

こりゃ強いわけです。

インサイドなら、永田、江口、河のシャンソンも負けてないはずですが、河はケガで出ず、江口はファウルトラブルでわずか11分の出場、永田一人ではどうにもなりません。
救いは、ひろしお気に入りの渡邉がいい働きをしていたことぐらいでしょうか。

この試合の結果、日本航空が首位に立ちます。
翌日にシャンソンが勝ち、日本航空が敗れたため、再びシャンソンが首位に立ちますが、最終節の結果次第では、日本航空の1位もありえます。
ただし、このままいくとJOMOが4位でプレーオフに出てくる可能性が高いので、実は1位のほうがつらいかも。

最後まで目が離せません。
[PR]
by is-hiro | 2005-02-15 01:16 | 今日のスポーツ

なんとなく、クリスタル

b0064918_11385117.jpg田中康夫
『なんとなく、クリスタル』
(新潮文庫)

よみました。
いまさらですが。


おもしろいですねえ。

ひろしはブランドはぜんぜんわからんし、音楽もあまり聞かない人ですが、いや、これはおもしろいですねえ。四半世紀前の世相事典みたい。
流行りものが書いてある小説(マンガも)を時間が経ってから読むとなにか虚しさを感じるときがあるけど、ここまで書くとないでしょう。
もう少し若い頃に読んでれば影響されたかも。

でも、この本が出た頃、まだ小学生だから、大学の頃読んだらおもしろくなかったかも。

同じ知事でも、慎太郎の『太陽の季節』とはえらい違い。
一応読んだけど、これは嫌い。

慎太郎本人も嫌いだけど。
[PR]
by is-hiro | 2005-02-13 11:40 | 今日の本

画像つき投稿

b0064918_13352814.jpg

ひろしです。携帯から画像付で投稿してみました。
[PR]
by is-hiro | 2005-02-11 13:35 | 今日のできごと

無事牛丼食べた

無事に牛丼たべました。やはり美味い。これぞ牛丼。
b0064918_13284017.jpg

2杯食べたかったですが、後ろの人に敬意を表して、1杯にしました。
b0064918_13292955.jpg
店員さんに「ぶっちゃけ、何時ごろまであります?」
ときいたら、20時ごろではとのこと。
(右 働く店員さんたち)


いまからでも食べられるかも。


今日松屋で牛めし食った人は神。
[PR]
by is-hiro | 2005-02-11 12:52 | 今日のできごと

吉野屋の牛丼

さて、いま吉野屋にならんでます。b0064918_13303463.jpg
寝坊してしまった。

持ち帰りの列が30、店内が50人ぐらい?
でも店内の列のほうが進んでます。
食えそうな感じ。

ひろしの運命やいかに。
[PR]
by is-hiro | 2005-02-11 12:29 | 今日のできごと

premini-II

さて、日曜にたまたまお台場にいって、たまたまpremini-IIを見てきました。

preminiほど小さくないけど、カメラもついてるし、メール表示も細かい字で見れるし。

っていうか、なんでこいつはP901i買ってんだ?
[PR]
by is-hiro | 2005-02-08 02:30 | 今日のダメだし

吉野家の牛丼

さて、ついに吉野家の牛丼復活です。
といっても2/11の一日だけですが。

松屋で復活した時食べに行って、
「これは吉野家の牛丼じゃない!!!」
とがっかりした覚えがあります。
(あたりまえだ。)

今年は吉牛を食べる、と決めていたので、戸田ボートか築地にいこうと思っていたの
で、うれしいことですな。

当日は並ばないといけないのでしょうかねえ。やはり。
午後から用事があるんだけどなぁ。
[PR]
by is-hiro | 2005-02-06 01:42 | 今日のできごと

わが町、志茂に死体が浮かぶ?!

b0064918_0302385.jpg内田康夫
『鐘』
(講談社文庫)

 内田康夫は、2年前ぐらいに読み始めました。
 西村京太郎はほぼ全部読んでますし、赤川次郎も結構読むのですが、なぜか内田康夫は機会がありませんでした。

 ですが、この2年で、50冊ぐらいは読んだでしょうか。もう少しかな?

 『鐘』では、ひろしの地元、岩淵水門付近の隅田川で最初の死体が発見されます。

 おぉ、わが町と思って読んでいると、以下のようなくだりがあります。

 その淀みの岸辺、垂直状の堤防の真下に男の死体が浮いていた。
 死体の発見者は付近の化学工場に勤務する男性で、べつに用事があったわけでもなく、たまたま川をのぞき込んで、死体が浮いているのに気づいた。


 たしかに、このあたりの堤防は「垂直状」です。で、日本化薬の社員が昼休みに川岸に行ってもおかしくありません。覗き込んで見えるかどうかは、実際に見てませんけど。

 内田康夫と浅見光彦(というふうに二人を並べるのはどうかとも思いますが。)は、北区の生んだ有名人ですが、浅見光彦の家が西ヶ原にあることもあり、志茂には縁があまりなかったのですが、すこしうれしいです。

 ひろしは、「荒川のそばに住んでいる」とよくいいますが、ここは岩淵水門より下流なので、「隅田川のそば」というべきなのでしょうね。
 でも、かつて浦和の荒川のそばに住んでいたひろしとしては、荒川、というほうがなじみが深いですが。

 まあ、ひろしも今年浅見光彦と同い年になりますが、幸いおくさまも子供もいます。
 ソアラは持ってないけど。
[PR]
by is-hiro | 2005-02-05 00:47 | 今日の本